Pf/Fp: 七條 恵子(オランダ)

七條 恵子(フォルテピアノ、ピアノ) Keiko Shichijo

(来日歴・・・2017年4月、2016年4月、2015年7月、2015年1月) 次回来日2018年10月予定

Keiko1-small

徳島県出身。3歳よりピアノを始める。2000年、桐朋学園大学演奏学科ピアノ科卒業。2002年、 東京芸術大学大学院古楽科をフォルテピアノ専攻で修了。2002年より、アムステルダム音楽院にて、スタンリー· ホッホランドのもとで研鑽を積む。2005年からは、文化庁海外派遣研修員として、2007年にはよんでん文化財団の奨学金を受け、同音楽院において研修を続ける。2008年、同音楽院修士課程修了。2008年9月より、ベルギー王立ゲント音楽院にてダーン・ファンデヴァレの下で現代音楽のスペシャライズを行なう。2010年、同音楽院ポストマスタープログラムをピアノソリストコース専攻で修了、最高栄誉賞受賞。

2004年、ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門で最高位あわせてミンコフ賞を受賞。2006年にはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭にモーツァルトのピアノ協奏曲のソリストとして出演。同年、ブルージュ国際古楽コンクール、モーツァルトアンサンブル部門で、山口幸恵(ヴァイオリン) とのデュオが第1位。2009年、ドイツ、トロッシンゲンの国際古楽コンクール「A Tré」で、山口幸恵(ヴァイオリン)、ヒデオン・デン・ヘルダー(チェロ) とのピアノトリオ「Trio Otono」が第1位受賞。これまでに、ピアノを上野久子、村上弦一郎、ダーン・ファンデヴァレの各氏に、フォルテピアノを渡邊順生、故小島芳子、スタンリー・ホッホランドの各氏に、チェンバロを有田千代子氏に、室内楽を江藤俊哉、有田正広、野本由紀夫の各氏に それぞれ師事。2009年より、アムステルダム音楽院の嘱託伴奏員として勤務している。2012年、初CDシューベルティアーデ2を浜松市楽器博物館シリーズからリリース、同年レコード芸術誌7月号準特選盤に選ばれた。フォルテピアノスペシャリストとして、また、現代ピアノ奏者として、ソロ、アンサンブル共にヨーロッパ各地でリサイタル、ラジオ録音等の活発な活動をを行っている。

Webpage (English with music) — http://keikoshichijo.com/?lang=en

(参考音源)

Beethoven 月光ソナタ
https://soundcloud.com/keiko-shichijo/sets/beethoven-moonlight-sonata

Schubert Impromptus Op.90
https://soundcloud.com/keiko-shichijo/sets/schubert-impromptus

Mozart Piano for 4-Hands K.521(共演はShuann Chaiさん)
https://soundcloud.com/keiko-shichijo/mozart-sonata-for-4-hands-k521-1st-movement-shichijo-chai

Schubert 軍隊行進曲(連弾)
https://soundcloud.com/keiko-shichijo/schubert-marche-militaire-op51-no1-shichijo-chai

一柳慧 「ピアノスペース」
https://www.youtube.com/watch?v=b4nmttd-wkc

J.S.バッハ平均律
https://www.youtube.com/watch?v=x366bX670UA

iPad協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=eRYkC6fY190

マリア・デ・アルベアル作曲「EN AMOR DURO」(『愛の苦しみの中で』)
https://www.youtube.com/watch?v=rf4lM0BXlhw

⇒ 2015年7月に両国門天ホールで行った マリア・デ・アルベアル作曲「EN AMOR DURO」のコンサートは、「音楽の友」誌による「評論家の選ぶ2015年ベストコンサート10」に選出されました。[選者:谷戸基岩氏]