七條恵子来日コンサート2017

ムジカテミスの海外アーティストでオランダ在住の七條恵子氏が、4月に一時帰国コンサートを行います。

4月15日(土)14時(13時半受付)@西方音楽館(栃木市)【西方音楽祭への出演】

J.ゲリネック:モーツァルトの歌劇「魔笛」より「恋人か女房か」の主題による6つの変奏曲 ヘ長調
L.v.べートーヴェン/ゲリネック編:交響曲1番ハ長調
L.v.ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番 ニ短調 作品31-2 『テンペスト』
L.v.ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13 『悲愴』

※故小島芳子愛用のフォルテピアノ(西方音楽館備付け)による演奏。

詳細はこちらのページの中ほどにあります・・・http://wmusic.jp/concert.html#ongakusai2

珍しいゲリネック編曲のベートーヴェンの交響曲第1番とベートーヴェンの初期を代表するソナタの名品が七條恵子氏ゆかりの名機によって演奏されます。ゲリネックはベートーヴェンより12歳歳上のウィーンで活躍したピアニストで、ベートーヴェンとは親交があったことが知られています。

4月20日(木)14時開演(13時半受付) @スタジオピオティータ(東京杉並)

マンスリアン:ピアノ・ソナタ第3楽章、ララバイ
コミタス:6つの舞曲、ムショ・ショロール、7つの歌
アラン・ホヴァネス:パストラル1番 作品111-1 ほか

※ヴィンテージ・スタインウェイ(スタジオピオティータ備付け)による演奏。

詳細はこちら・・・http://ms-tms.com/info/keiko-0420/

こちらのコンサートは、七條恵子氏演奏によるコミタス作曲『6つの舞曲』をとりあげたCDの発売記念となります。このCDはレコード芸術誌1月号の輸入盤レビューに採り上げられています。(推薦マークとレア盤マーク付き)

今回の日本公演は、フォルテピアノによる初期ベートーヴェンを中心としたプログラムは栃木公演のみ、モダンピアノによるアルメニアプログラムは東京杉並公演のみ、となっています。

どちらも大変貴重で聞き逃せないコンサートです。

(参考)
栃木の西方音楽館では、七條恵子氏が出演する4/15のほか、4/8-9,16にも「西方音楽祭」が開催されます。この機会にぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか?

東武日光線の東武金崎駅から徒歩5分ほど。北千住から電車で86分(栃木まで特急利用の場合)です。