Vn: 梁 美沙(フランス)

梁 美沙 (Mi-sa Yang、ヴァイオリン)

大阪出身の梁 美沙は、パリ音楽院(CNSMDP)で学び、次いで同大学院ではオリビエ・シャルリエとジャン=ジャック・カントロフに師事しソリストクラスその後室内楽を学んだ。

美沙は、多くの国際コンクールの受賞歴があるが、中でも、2000年にはユーディ・メニューインヤングアーティスト国際コンクールで第1位及び特別賞を受賞、さらに2001年仙台国際コンクール第3位、2009年バルセロナの第55回マリア・カナルス国際国際コンクールのトリオ部門で第1位を受賞した。

演奏活動はわずか12歳、日本でオーケストラのデビュー公演を果たして以来、スーク室内管弦楽団、ロンドンモーツァルト奏者、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー管弦楽団、京都シンフォニーオーケストラ、関西フィルハーモニー管弦楽団、センチュリーオーケストラ大阪など多くの有名なアンサンブルと共演してきている。また、国際的な会場や音楽祭でリサイタルに出演し、彼女の深く感動的で鮮烈な解釈は、多くの知るところとなっており、音楽出版・批評家ともに高く評価している。

彼女はまた室内楽演奏家としても活躍してきており、アダム・ラルームらとトリオ・レ・ゼスプリを結成し、更に2014年からはアルデオ四重奏団に加わり精力的に活動してその地位を不動のものにしてきている。

彼女は、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ウィーン・コンツェルトハウス、パリ管弦楽団、ケルン・フィルハーモニー、シャンゼリゼ劇場、ルール・ピアノ・フェスティバル、ナント城、ジャングル城、ラロック・ダンデロン音楽祭、トゥレーヌ音楽祭、ドーヴィル音楽祭、メクレンブルク=フォアポンメルン州音楽祭、フィンランドのクフモ室内楽音楽祭など多くのホールや音楽祭に招かれ出演している。

トリオ・レ・ゼスプリでの録音は2枚(2014年と2017年/ミラーレ)で、いずれも、評論家から賞賛を受けている。さらに、ソニーミュージックから2019年にシューベルトに捧げるとした新しい録音がリリースされる予定となっている。

また、2019年春、美沙は、シューベルトのヴァイオリンとピアノのための幻想曲ほかをPf:アダム・ラルームと(SONY)、またモーツァルトのソナタの新録音をPf:ジョナス・ヴィトーと(MIRARE)リリースする予定も入っている。