スタッフ紹介

4 banners JPG line
4 banners JPG top 4 banners JPG fee 4 banners JPG reserve 4 banners JPG access 4 banners JPG events 4 banners JPG staff

スタジオ ピオティータ スタッフ紹介

 

スタジオピオティータのスタッフは3名おり、スタジオの管理・運営を行っております。

 

マネージャー:小林 世以子

s_Seiko-00スタジオ ピオティータに設置されているピアノを買った張本人。
 
いつもスタジオにたくさんの人がいらしてくれるのを楽しみにお待ちしている。ここ10年ほどはほかの仕事をしていてほとんど弾いてないため、買ったピアノに申し訳ない気持ちがある。最近では、いろいろな人のピアノの音をたくさん聞いているうちに、自分もまだできるんじゃないかという錯覚を持ち始めている。スタジオの受付などお客様対応全般を担当。

 

動物はなんでも大好き。今まで、ねこ、うさぎ、ゴールデンレトリバー、ハムスターなどと一緒に住んできた。スタジオの運営会社である一般社団法人 ムジカテミスの代表が「ねこでしょ」と言うので、今はスタッフねこ2匹の上司。

 
 

二代目お迎えスタッフ:トミー 9歳 オス(キジトラ)

s_Tommy-03甲州街道沿いのラーメン屋で産まれ、雨の日にもらわれて来た。初代お迎えスタッフで2017年6月に昇天したチャーリー(茶トラ)の跡を継いでマネージャーの右腕。というか、常に「腰ぎんちゃく」のようについて回っている。自分はねこだとわかっているものの、マネージャーを自分の本当のお母さんだと勘違いしている。おっとりさんで、人当たりも極めて良い。音楽好き?でスタジオに隙あらば入ろうとする。

 

 

 

 

 

後方支援スタッフ:シーラ 5歳 メス(キジトラ×三毛)

s_Shiela-02東池袋の古本屋に飛び込んで住み着いていたところを連れられてきた。臆病者で、だいたい自分用の建売住宅(段ボール製の爪とぎ用ねこハウス)か、または大好きな代表の部屋でまったりしていることが多い。最近おばさん体形になってきたが、かわいくて器量よし。おもちゃで遊ぶのが大好き。後方支援のスタッフに徹しており、スタジオのお客様はめったに見ることはできない。自分はねこで、代表もマネージャーも人間だとちゃんとわかっている。

 

<- スタジオ ピオティータ トップに戻る